2023年1月31日火曜日

節分

 「鬼は外~福は内~」2月3日の節分には、このような掛け声とともに一年の幸せを願い、豆をまく光景をよく見かけるでしょう。 「節分」と聞くと、豆まきをしたり、恵方巻を食べる“行事”の名前と思う方もいらっしゃると思いますが、本来は季節の分かれ目のことを言い、現代では特に二月の立春の前日を節分と呼んでいます。  仏教では、「鬼」を常に飢えと渇きに苦しむ亡者「餓鬼」と同一視することもあり、その餓鬼も救いとるとの思いから、「福は内」とだけ言い、「鬼は外」とは言わないそうです。この餓鬼は、生前、嫉妬深かったり、物惜しみが強い人が生まれ変わった存在とされます。その餓鬼は私たちとも無縁の存在ではなく、私たちの心の中にも、餓鬼(鬼)と同じように、自分の幸せに執着してしまう気持ちがあります。   節分は、一年の幸せを願う行事であり、それを願うことは大切です。しかしそれが執着につながるとかえって苦しみとなってしまいます。邪気を払う節分の時期、私たち自身の心の中にある「鬼」となってしまう欲望の気持ちを払う機会としたいものです。

2023年1月1日日曜日

 お正月が「冥土の旅の一里塚」(一休禅師)としてリアルに感じる年になった。年を重ねるにつれ、過去が増えて未来が減る。あるコマーシャルで川柳「おばあちゃん なにになりたい 孫がきく」が紹介されていた。なぜこれが川柳になりうるのか。それは「老人には未来がない」ことを前提にするからだ。 だが浄土経を前提にすれば、これは川柳にはならない。まだ私に孫はいないが、「おじいちゃん、将来は何になりたい?と聞かれれば、こう答えてみよう。「そうだな、この世で死んでから、まずは極楽に往生し、阿弥陀様のもとで修行し、それが終われば、この世に戻り、苦しんでいる人々を手助けする人になろう。お前が困っていたら、おじいちゃんが助けに行くぞ。」と。  そう考えれば、正月を迎えるのも悪くはない。浄土は「冥土(暗い場所)」ではなく、阿弥陀仏(無量光仏)の国土だから、光に満ちた場所だ。そこで禅師の短歌を少し浄土教的に改編しておこう。  「正月や 浄土の旅の 一里塚 めでたくもあり うれしくもあり」と。  今年は少し前向きに正月を迎えよう。 (浄土宗新聞1月号より) 合掌

2022年11月30日水曜日

本堂ライブのご案内

 宇和島市民文化祭が「つなげよう 文化の力 次世代へ」をテーマに二か月にわたって開催されました。 いよいよ12月4日(日)最終日は、中村仁樹「和楽器スペシャルライブコンサート」が南予文化会館大ホールで開催されます。  12月5日(月)は1時から、浄念寺本堂においてフルメンバーでのライブ演奏がありますので、ご自由にご参加ください。

2022年11月29日火曜日

お念仏の声は浄土に届く

“ひとはなぜ 亡きひとのこゑを 憶えゐる 呼ばれればすぐに 振りむけるほどに”     亡くなられた最愛の方の声は、いつまでも耳に残るものです。「もし名前を呼んでくれればすぐに振り向くのに」  大切な人を失ったとき、そんな思いが起こる私たちではないでしょうか。私たちが称えるお念仏の声は阿弥陀様に届きます。そしてそのお念仏の声は懐かしい方にも届きます。  私たちが亡き方の声を覚えているように、浄土におられる方も私の声を懐かしんでくださいます。  いつか命終えるその時には。私のお念仏の声を頼りに阿弥陀様がお迎えくださり西方極楽浄土にお連れくださいます。  亡き方はいつの日か共に浄土で再会し、また互いに声を掛け合う日を楽しみにしてくださいます。 お念仏を称える今の私の姿を耳には聞こえない声で励まし、目には見えない姿で喜んでくださいます。  私たちはたった一人でお念仏を称えているのではありません。私の声に振り向いてくれる阿弥陀様、先立つ大切な方がおられることを思い出しながら、どうか毎日のお念仏にご精進ください。合掌

2022年10月8日土曜日

お十夜

 秋も深まりをみせ、肌寒さを感じることも多くなってきたこの頃、全国各地の浄土宗寺院では、十夜会(十夜法要)が営まれます。 「十夜」とは「十日十夜」を略したもので、元来は、十日十夜の間、昼夜を問わずお念仏を唱える法要。現在では、10月から11月にかけて、数日間から1日と日数を短くして勤める寺院が多いそうです。   お念仏はいつでも、どこでも、だれでもできる易しい行といわれます。しかしながら、普段、日々の生活に追われ、私たちは思うとおりにお念仏を唱えることができないものです。  阿弥陀様は、人々の苦しみを自ら背負い、その幸せと平和を求めて誓願(衆生救済のための誓い)を立てられました。気の遠くなるような長い修行の末、「南無阿弥陀仏」と唱えれば、だれもが極楽浄土へ往生できるようにしてくださいました。法然上人は、「南無阿弥陀仏の六文字のなかには、阿弥陀様のあらゆる功徳が込められている」とおっしゃっています。  十夜会は、善行(お念仏)を積む絶好の機会となります。お参りの際には、一心にお念仏をお唱えしましょう。またお参りする機会のない方は、阿弥陀様に思いを馳せながら、お念仏をお唱えしてみてはいかがでしょうか。   浄念寺では、10月19日、午後1時からお十夜法要を行います。ご参加自由です。塔婆供養をされる方は前もってお申し込みください。合掌

2022年9月22日木曜日

秋彼岸

 日中はまだ暑さが残り、夏のように感じられる日もありますが、朝夕は大分しのぎやすくなってきました。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われてきたように、秋彼岸を迎えるころには、日増しに秋の気配を感じられるようになります。   秋のお彼岸の期間は、秋分の日を中心と一週間(今年は9月20日から26日まで)で、この間多くの寺院では彼岸法要が営まれ、仏さまやお墓をお参りする人でにぎわいます。   「彼岸」とは、古代インドで使われたサンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」に由来する言葉で「向こう岸に渡る」という意味を持ちます。これを漢訳すると「到彼岸(とうひがん)」となり、私たちがいる苦しみの多い迷いの世界(此岸)から仏様のいる悟りの世界(彼岸)に至ることをいいます。   浄土宗では、この彼岸を此岸に対する極楽浄土を指して用いることもあります。極楽浄土は、悩みや苦しみから離れた場所、まさに私たちの世界と相対する世界と言えるでしょう。さらに、彼岸はさとりを目指す仏道修行の期間ともされています。「極楽浄土に往生することを願いお念仏する」。簡単なようですが、私たちが法然上人のように常日頃からその想いを持ち続けるのは難しいことでしょう。  そこでお彼岸の機関には、極楽浄土のある西の方角に沈む夕日を眺め、往生への想いを新たにしてみてはどうでしょうか。きっと日々お念仏に励む良いきっかけになるはずです。

2022年8月9日火曜日

ひとりじゃない、そばにいるよ

 今年もコロナ禍でお盆を迎えます。数年前までは、お盆に帰省し家族や親族と会うことが当たり前でしたが、昨今はそれも難しく、コロナ禍以前がとても懐かしく思えます。  お盆と言えば、ご先祖さまをお迎えしご供養する行事ですが、親族や友人と再会することも楽しみの一つであったのではないでしょうか。   法然上人のご法語に「衆生、仏を礼すれば、仏これを見給う。衆生、仏を唱うれば、仏これを聞き給う。衆生、仏を念ずれば、仏も衆生を念じ給う」というお言葉があります。これは親が子を見守るように私たちの行いや思いを、阿弥陀さまは常に極楽浄土から見ていてくださるということです。阿弥陀さまのいらっしゃる極楽浄土は、お念仏の功徳によって往生された方々がお生まれになる場所。阿弥陀さまとともにご先祖さまも私たちのことを見守ってくださっています。  私たちはより良い将来のため、常に先のことを考えて生きています。しかし過去を振り返ってみると、今の自分があるのはご先祖様さまのおかげでもあります。私たちは2人の両親、4人の祖父母、十代前は1024人、二十年前まで遡ると、百万人以上のご先祖さまがおられます。もし1人でもいなければ今の自分はいません。あたり前のように生きている自分も、多くの命やご縁によって生かされている、とても有難いことなのだと思い起こし、ご先祖さまへの感謝の念を深めていただければと思います。   まだまだコロナの終わりは見えませんが、少しずつ元の生活に戻りつつあるような気がします。以前のように過ごせるのはもう少し先になるかもしれませんが、これから迎えるお盆には、阿弥陀さまとご先祖さまに感謝の気持ちを込めてお念仏をお唱えいたしましょう。きっと極楽浄土から私たちを見守ってくださいます。